脈診流経絡治療について

脈診流経絡治療とは

当院では東洋医学を基礎とした脈診流経絡治療を行っております。

東洋医学では、人間の体には「気」と「血」というものが流れており、この「気」と「血」により人間の生命活動がつかさどられていると考えています。

「気」「血」の流れが乱れれば病気になり、これを整えれば健康になります。

脈診流とは、患者さんの脈やお腹を診ることにより、この「気」「血」のバランスを整える治療法です。

「気」は体のごく浅いところを流れており、この流れを鍼やお灸により整えます。鍼はごく浅く用いますので、痛みはまったくありません。